手作りステンドグラスのインテリア、小物、雑貨、材料の販売

 W3-Stained Glass

ステンドグラスのサンキャッチャー・ワイヤーナギット

コンパクトサイズガラスで作れる小物、窓際に飾るステンドグラスのサンキャッチャー・ワイヤーナギット&ブルーとクリアのご紹介です。

こちらの商品はステンドグラスカット済みキットとしても販売しておりますのでガラスカット、研磨作業ができない方もチェックしていただければと思います。

ステンドグラスサンキャッチャー・ワイヤーナギット&ブルー
サンキャッチャー・ワイヤーナギット&ブルー
¥1,320
ステンドグラスサンキャッチャー・ワイヤーナギット&クリア
サンキャッチャー・ワイヤーナギット&クリア
¥1,320

サンキャッチャー・ワイヤーナギットの材料

ブルータイプのサンキャッチャーで使っているガラスはブルー(SP136W),アクアブルー(KW384),クリア(WF-01)です。

クリアタイプのサンキャッチャーで使っているガラスはクリア(WF-01)クリア(F-01)の2種類です。

どちらのサンキャッチャーでもイズリーブルーのナギットガラス手作り装飾ワイヤーを使用しております。

イズリーブルーのナギットガラス
手作り装飾ワイヤー

ガラスに関しては1回目でもいいましたがこれを使ったほうがいい、ということではないのであくまで色見本の参考にしていただければと思います。

サンキャッチャー・ワイヤーナギットの制作工程

ガラスのカットと研磨作業を終えたら銅テープを巻いていきます。ナギットガラスも軽く研磨をして同様に銅テープを巻きます。

サンキャッチャー、ワイヤーナギットブルー制作前

テープが巻けたらはんだ作業に入ります。

本体の作業に入る前に装飾ワイヤーをはんだでコーティングしておきます。ナギットガラスの側面にも薄くはんだをします。

装飾ワイヤーをはんだでコーティングする

本体のはんだ作業を行います。表、裏、側面と丁寧に仕上げます。

サンキャッチャーワイヤーナギット制作工程

完成した本体とワイヤーパーツ、ナギットを合わせていきます。

ナギットの大きさに合わせてワイヤーパーツを少し調整したりしつつ並べていきます。並べ終わったら少量のはんだで点付け作業をして一体化させていきます。

サンキャッチャーワイヤーナギット制作工程

吊り下げ箇所にもワイヤーを取り付けます。負担がかかる箇所なので少し多めのはんだをつけております。

サンキャッチャーワイヤーナギット制作工程

はんだ作業が終了したら洗浄をし、お好みのパティーナ仕上げとワックス作業をして完成となります。今回こちらはパティーナ処理なしのシルバー仕上げにしてみました。

まあ制作工程は大体こんな感じであとは紐を通して窓辺に吊り下げる感じです♪

ではでは今日はこのへんで(*^-^*)

サンキャッチャーワイヤーナギット完成

まとめ